人生を幸せに生きていくために(延寿寺は高知県南国市に所在する日蓮正宗の寺院です。このホームページは法華講 延寿寺支部が管理・運営しています)

お知らせ

大石寺五重塔展

【開館日】 御開扉の行われる日。 ただし、特別行事により閉館となる場合があります。 【開館時間】 日曜日・祝日  午前9時~午後4時 土・月・火曜日 午後1時~午後4時       &nbs …

ブログ

令和4年5月度 広布唱題会の砌

 本日は、五月度の広布唱題会に当たり、皆様には新型コロナウイルス感染症の影響で何かと御不便ななか、信心強盛に参加され、まことに御苦労さまでございます。 さて『聖愚問答抄』を拝しますと、「人の心は水の器にしたがふが如く、物 …

令和4年4月度 広布唱題会の砌

 本日は、四月度の広布唱題会に当たりまして、皆様には御繁忙のところ、時間を割き参加され、まことに御苦労さまでございます。 さて、既に皆様も御承知の通り、今、日本を含め世界中が末法濁悪の世相そのままに、新型コロナウイルス感 …

令和4年3月度広布唱題会の砌

 本日は、三月度の広布唱題会に当たり、皆様には新型コロナウイルス感染症の勢いが止まず、各方面で様々な障害が出ているなか、信心強盛に参加され、まことに御苦労さまでございます。 さて、本年「報恩躍進の年」は、記念局の本年度の …

令和4年2月度広布唱題会の砌

 本日は、二月度の広布唱題会に当たりまして、皆様には、新型コロナウイルス感染症によって世情騒然としているなか、信心強盛に参詣され、まことに御苦労さまでございます。 既に皆様も御承知の通り、今月は、宗祖日蓮大聖人御聖誕の月 …

令和4年1月度広布唱題会の砌

 宗旨建立七百七十年の新春、あけましておめでとうございます。 皆様には、すがすがしく新年を迎えられ、「報恩躍進の年」の初の広布唱題会に参加され、決意も新たに、いよいよの御精進をお誓いのことと存じます。 既に皆様も御承知の …

行事のご案内

7月
1
10:00 永代経
永代経
7月 1 @ 10:00 – 11:00
 
19:00 永代経
永代経
7月 1 @ 19:00 – 20:00
 
7月
9
19:00 御逮夜御講
御逮夜御講
7月 9 @ 19:00 – 20:30
御逮夜御講
御講(おこう)とは 御講とは、御報恩(ごほうおん)御講を省略した言い方です。  総本山では古来、日蓮(にちれん)大聖人(だいしょうにん)様・日興(にっこう)上人(しょうにん)様・日目(にちもく)上人様の命日である七日・十三日・十五日に御報恩御講を奉修(ほうしゅう)します。  一方、各末寺においては、毎月第二日曜日に御報恩御講を行いますが、寺院によっては毎月第二日曜日のほかに、十三日などに行うところもあります。 また、願い出によって、信徒宅を会場とする宅(たく)御講(おこう)を行う場合もあります。 末寺の御講では、まず御本尊(ごほんぞん)様・大聖人様・日興上人様・日目上人様と日蓮正宗の代々の御法主(ごほっす)上人(御歴代上人)等にそれぞれ御霊(おりょう)供膳(ぐぜん)をお供えし、読経(どきょう)・唱題申し上げます。その後、御僧侶(ごそうりょ)の法話(ほうわ)を聴聞(ちょうもん)します。  大聖人様は『四恩抄(しおんしょう)』に、 「仏法を習ふ身には、必ず四恩を報ずべきに候(そうろう)か」(御書 267頁) と仰(おお)せられ、仏法を信仰(しんこう)する者は、まず第一に知恩(ちおん)報恩(ほうおん)を心がけなければならないと申されています。 ですから私たちは、末法(まっぽう)の三宝(さんぼう)である大聖人様・御本尊様・日興上人様をはじめとする御歴代の御法主上人猊下の大きな慈悲(じひ)によって功徳(くどく)を積(つ)むことができる御恩を知り、その大恩を報じるための法要が御講なのです。 御講に参詣しよう 私たちは、仕事や家事、その他様々な雑事に追われ、忙(いそが)しい日々を送っています。 そのために「御講へ行く時間がない」などの理由をつけて、御講に参詣(さんけい)しない人もいるようです。このような理由をつけて参詣しない人は、やがて何か寺院参詣しない理由はないかと考えるようになってしまいます。 そのような時は、これこそ魔(ま)の用(はたら)きであると、自身を振(ふ)り返って反省し、時間をやりくりして、御講に参詣するようにしましょう。 御僧侶の法話を聴聞しよう 御講では、読経・唱題の後に御僧侶の法話が行われます。 私たちは、迷いの多い凡夫(ぼんぷ)です。たとえ尊い信仰の体験があったとしても、自分の頭で仏法を判断するようになり、次第に正しい仏法の道から外れていってしまいます。ですから、絶えず御僧侶の法話を聴聞して、信心の姿勢を正していかなければなりません。 大聖人様が、 「何としても此(こ)の経の心をしれる僧に近づき、弥(いよいよ)法の道理を聴聞して信心の歩みを運ぶべし」(同 1457頁) と仰せられているように、御僧侶の法話を道しるべとして、信心の歩みを一歩いっぽ運ぶことがとても大切なのです。 御講参詣の功徳 私たちが、御本尊様への御報恩の行事である御講に参詣し、御僧侶の法話を拝聴(はいちょう)することには大きな功徳(くどく)があります。 お釈迦(しゃか)様は、老齢(ろうれい)の御信徒が遠いところから会いに来たときには、 「そなたの歩いて踏(ふ)んできた土を粉砕(ふんさい)して塵(ちり)とし、その一粒(つぶ)につき一劫(こう)という長い間の罪が消滅(しょうめつ)するであろう。また、その塵の数だけ生まれ変わって幾度(いくど)も仏に会い奉(たてまつ)るであろう」(趣意) と、実に無量(むりょう)無辺(むへん)の功徳があることを明らかにされています。 さらに法華経には、八十億劫もの長い間、無量の財宝を仏に供養(くよう)する功徳よりも、法華経を説く御僧侶を供養し、ほんのわずかでも法華経の法門を聴聞する功徳のほうが実に大きいことが説かれています。 そして、ふだんの生活の中で様々な悩(なや)みを抱(かか)えていても、御講参詣によって、不思議と悩みを乗り越(こ)えることができた等の、全国の法華講員の尊い体験が、「大白法」にたびたび掲載(けいさい)されています。 このように、私たちが毎月の御講に参詣する功徳は、計り知れないことを確信しましょう。  大白法 平成18年8月1日刊(第698号)より転載
7月
10
10:00 御報恩御講
御報恩御講
7月 10 @ 10:00 – 11:30
御報恩御講
御講(おこう)とは 御講とは、御報恩(ごほうおん)御講を省略した言い方です。  総本山では古来、日蓮(にちれん)大聖人(だいしょうにん)様・日興(にっこう)上人(しょうにん)様・日目(にちもく)上人様の命日である七日・十三日・十五日に御報恩御講を奉修(ほうしゅう)します。  一方、各末寺においては、毎月第二日曜日に御報恩御講を行いますが、寺院によっては毎月第二日曜日のほかに、十三日などに行うところもあります。 また、願い出によって、信徒宅を会場とする宅(たく)御講(おこう)を行う場合もあります。 末寺の御講では、まず御本尊(ごほんぞん)様・大聖人様・日興上人様・日目上人様と日蓮正宗の代々の御法主(ごほっす)上人(御歴代上人)等にそれぞれ御霊(おりょう)供膳(ぐぜん)をお供えし、読経(どきょう)・唱題申し上げます。その後、御僧侶(ごそうりょ)の法話(ほうわ)を聴聞(ちょうもん)します。  大聖人様は『四恩抄(しおんしょう)』に、 「仏法を習ふ身には、必ず四恩を報ずべきに候(そうろう)か」(御書 267頁) と仰(おお)せられ、仏法を信仰(しんこう)する者は、まず第一に知恩(ちおん)報恩(ほうおん)を心がけなければならないと申されています。 ですから私たちは、末法(まっぽう)の三宝(さんぼう)である大聖人様・御本尊様・日興上人様をはじめとする御歴代の御法主上人猊下の大きな慈悲(じひ)によって功徳(くどく)を積(つ)むことができる御恩を知り、その大恩を報じるための法要が御講なのです。 御講に参詣しよう 私たちは、仕事や家事、その他様々な雑事に追われ、忙(いそが)しい日々を送っています。 そのために「御講へ行く時間がない」などの理由をつけて、御講に参詣(さんけい)しない人もいるようです。このような理由をつけて参詣しない人は、やがて何か寺院参詣しない理由はないかと考えるようになってしまいます。 そのような時は、これこそ魔(ま)の用(はたら)きであると、自身を振(ふ)り返って反省し、時間をやりくりして、御講に参詣するようにしましょう。 御僧侶の法話を聴聞しよう 御講では、読経・唱題の後に御僧侶の法話が行われます。 私たちは、迷いの多い凡夫(ぼんぷ)です。たとえ尊い信仰の体験があったとしても、自分の頭で仏法を判断するようになり、次第に正しい仏法の道から外れていってしまいます。ですから、絶えず御僧侶の法話を聴聞して、信心の姿勢を正していかなければなりません。 大聖人様が、 「何としても此(こ)の経の心をしれる僧に近づき、弥(いよいよ)法の道理を聴聞して信心の歩みを運ぶべし」(同 1457頁) と仰せられているように、御僧侶の法話を道しるべとして、信心の歩みを一歩いっぽ運ぶことがとても大切なのです。 御講参詣の功徳 私たちが、御本尊様への御報恩の行事である御講に参詣し、御僧侶の法話を拝聴(はいちょう)することには大きな功徳(くどく)があります。 お釈迦(しゃか)様は、老齢(ろうれい)の御信徒が遠いところから会いに来たときには、 「そなたの歩いて踏(ふ)んできた土を粉砕(ふんさい)して塵(ちり)とし、その一粒(つぶ)につき一劫(こう)という長い間の罪が消滅(しょうめつ)するであろう。また、その塵の数だけ生まれ変わって幾度(いくど)も仏に会い奉(たてまつ)るであろう」(趣意) と、実に無量(むりょう)無辺(むへん)の功徳があることを明らかにされています。 さらに法華経には、八十億劫もの長い間、無量の財宝を仏に供養(くよう)する功徳よりも、法華経を説く御僧侶を供養し、ほんのわずかでも法華経の法門を聴聞する功徳のほうが実に大きいことが説かれています。 そして、ふだんの生活の中で様々な悩(なや)みを抱(かか)えていても、御講参詣によって、不思議と悩みを乗り越(こ)えることができた等の、全国の法華講員の尊い体験が、「大白法」にたびたび掲載(けいさい)されています。 このように、私たちが毎月の御講に参詣する功徳は、計り知れないことを確信しましょう。  大白法 平成18年8月1日刊(第698号)より転載
7月
15
10:00 盂蘭盆会
盂蘭盆会
7月 15 @ 10:00 – 11:00
盂蘭盆と申し候事は、仏の御弟子(みでし)の中に、目連(もくれん)尊者と申して舎利弗(しゃりほつ)にならびて智慧第一・神通(じんずう)第一と申して、須弥山に日月のならび、大王に左右(さう)の臣のごとくにをはせし人なり。此の人の父をば吉懺(きっせん)師士(しし)と申し、母をば青提女(しょうだいによ)と申す。其母の慳貪(けんどん)の科(とが)によて餓鬼道に堕ちて候しを、目連尊者のすくい給ふより事をこりて候。其因縁は母は餓鬼道に堕ちてなげき候ひけれども、目連は凡夫なれば知ることなし。幼少にして外道の家に入り、四井陀(しいだ)・十八大経と申す外道の一切経をならいつくせども、いまだ其の母の生処をしらず。其の後十三のとし、舎利弗とともに釈迦仏にまいりて御弟子となり、見惑をだんじて初果の聖人となり、修惑をだんじて阿羅漢となりて、三明をそなへ六通をへ(得)給へり。天眼をひらいて三千大千世界を明鏡のかげのごとく御らむありしかば、大地をみとをし三悪道を見る事、氷の下に候魚を朝日にむかいて我等がとおしみるがごとし。其中に餓鬼道と申すところに我が母あり。のむ事なし、食(くらふ)ことなし。皮はきんてう(金鳥)をむしれるがごとく、骨はまろき石をならべたるがごとし。頭(かうべ)はまりのごとく、頚(くび)はいとのごとし。腹は大海のごとし。口をはり手を合せて物をこへる形は、うへたるひるの人のかをかげるがごとし。先生(せんじょう)の子をみてなかんとするすがた、うへたるかたち、たとへをとるに及ばず。いかんがかなしかりけん。(盂蘭盆御書 1993頁)
13:00 盂蘭盆会
盂蘭盆会
7月 15 @ 13:00 – 15:00
盂蘭盆と申し候事は、仏の御弟子(みでし)の中に、目連(もくれん)尊者と申して舎利弗(しゃりほつ)にならびて智慧第一・神通(じんずう)第一と申して、須弥山に日月のならび、大王に左右(さう)の臣のごとくにをはせし人なり。此の人の父をば吉懺(きっせん)師士(しし)と申し、母をば青提女(しょうだいによ)と申す。其母の慳貪(けんどん)の科(とが)によて餓鬼道に堕ちて候しを、目連尊者のすくい給ふより事をこりて候。其因縁は母は餓鬼道に堕ちてなげき候ひけれども、目連は凡夫なれば知ることなし。幼少にして外道の家に入り、四井陀(しいだ)・十八大経と申す外道の一切経をならいつくせども、いまだ其の母の生処をしらず。其の後十三のとし、舎利弗とともに釈迦仏にまいりて御弟子となり、見惑をだんじて初果の聖人となり、修惑をだんじて阿羅漢となりて、三明をそなへ六通をへ(得)給へり。天眼をひらいて三千大千世界を明鏡のかげのごとく御らむありしかば、大地をみとをし三悪道を見る事、氷の下に候魚を朝日にむかいて我等がとおしみるがごとし。其中に餓鬼道と申すところに我が母あり。のむ事なし、食(くらふ)ことなし。皮はきんてう(金鳥)をむしれるがごとく、骨はまろき石をならべたるがごとし。頭(かうべ)はまりのごとく、頚(くび)はいとのごとし。腹は大海のごとし。口をはり手を合せて物をこへる形は、うへたるひるの人のかをかげるがごとし。先生(せんじょう)の子をみてなかんとするすがた、うへたるかたち、たとへをとるに及ばず。いかんがかなしかりけん。(盂蘭盆御書 1993頁)
19:00 盂蘭盆会
盂蘭盆会
7月 15 @ 19:00 – 20:00
盂蘭盆と申し候事は、仏の御弟子(みでし)の中に、目連(もくれん)尊者と申して舎利弗(しゃりほつ)にならびて智慧第一・神通(じんずう)第一と申して、須弥山に日月のならび、大王に左右(さう)の臣のごとくにをはせし人なり。此の人の父をば吉懺(きっせん)師士(しし)と申し、母をば青提女(しょうだいによ)と申す。其母の慳貪(けんどん)の科(とが)によて餓鬼道に堕ちて候しを、目連尊者のすくい給ふより事をこりて候。其因縁は母は餓鬼道に堕ちてなげき候ひけれども、目連は凡夫なれば知ることなし。幼少にして外道の家に入り、四井陀(しいだ)・十八大経と申す外道の一切経をならいつくせども、いまだ其の母の生処をしらず。其の後十三のとし、舎利弗とともに釈迦仏にまいりて御弟子となり、見惑をだんじて初果の聖人となり、修惑をだんじて阿羅漢となりて、三明をそなへ六通をへ(得)給へり。天眼をひらいて三千大千世界を明鏡のかげのごとく御らむありしかば、大地をみとをし三悪道を見る事、氷の下に候魚を朝日にむかいて我等がとおしみるがごとし。其中に餓鬼道と申すところに我が母あり。のむ事なし、食(くらふ)ことなし。皮はきんてう(金鳥)をむしれるがごとく、骨はまろき石をならべたるがごとし。頭(かうべ)はまりのごとく、頚(くび)はいとのごとし。腹は大海のごとし。口をはり手を合せて物をこへる形は、うへたるひるの人のかをかげるがごとし。先生(せんじょう)の子をみてなかんとするすがた、うへたるかたち、たとへをとるに及ばず。いかんがかなしかりけん。(盂蘭盆御書 1993頁)
8月
1
10:00 永代経
永代経
8月 1 @ 10:00 – 11:00
 
19:00 永代経
永代経
8月 1 @ 19:00 – 20:00
 

Tweets

PAGETOP
Copyright © 日蓮正宗 法華講 延寿寺 支部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.