平成27年5月10日
御報恩御講

皆さん、こんにちは。
御報恩御講に参詣してきました。
読経・唱題・御書拝読、御住職の法話がありました。
御住職の法話の中で「成長」・「正直」・「立ち位置」の言葉が印象に残りました。
“「成長」とは、自分で作った限界で止まってしまってはいけない。そこには成長がない。”
確かに、自分自身、限界を勝手につくり、ここまでしかできないと、よく考えてしまいます。でも、実際やってみたら、大変だったけど、やりきった感はとても、嬉しいもので、充実感溢れるものです。しかも、やった経験が次にいきてきます。成長する為には、できないと考えずに、やれると考えて実行してみることだと、改めて思いました。
次に“「正直」であること。御本尊様はすべてお見通し。見た目では頑張ってる・口ではやっている。そんなことは御本尊様前では通じない。本当に正直な姿を御本尊様は見ている。”
このことを聞いて、正直、ドキッとしました。自分はやれていると思ってないだろうか。やったつもりでいるのではないか。今一度、自分を見直す機会をいただきました。
“「立ち位置」与える側・求めていく側。与える側は御本尊様であり、求めていく側は我々であります。自分達の都合で信心をしてはどっちが与える側なのかわかりません。功徳を与える側は御本尊様なのです。そこを忘れてしまったらいけません。”
ここでも、ドキッとしました。忙しいとか、しんどいとか、自分中心の考え方で信心をしていたような気がしました。与える側は御本尊様なのに、自分勝手な考え方で物事を考えてしまってたかもしれません。
今回、印象に残った言葉はすべて、お寺に詣でて、御住職にお供し、御本尊様に正直な気持ちで唱題をしていけば、すべて解決する。そう確信しました。
今回の御講は自分自身を見つめ直す絶好の御講でした。